2009年10月18日

ハロウィン

もうすぐハロウィンですね。

まぁ男がハロウィンで胸を踊らせるのは気持ち悪いかもしれませんが、私はイベントが好きなんでw

あまり日本では定着していないイベントのハロウィン。
外国は色んな面白いイベントがあっていいですね。


実にはどんな事をする行事なのか、あまり分かってなんですが、仮装したり子供たちがお菓子をもらい歩く感じですよね?



でも私はお菓子をもらいに行く歳でもないし、手近なところで仮装パーティーもないし…。


イベント好きとしても少し物足りない感じなので、当日はハロウィンを少しでも味わえそうなお店にディナーでも食べに行こうかと考え中です。


どこか面白そうなお店があれば教えてくださいね。
10094087762.jpg
posted by のりひーろー at 11:02| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月17日

メンズネイル

今日は少し趣向を変えて…

昨日友人と飲みに行く事になったんですけど、そこでメンズネイルがあるとの話になり少し興味を持ちました。


そこで少し考えてみた。



まずは世間体との戦いだ。「モデルでもないのに、フツーの男のネイルってどうよ?」といった冷たい視線がまずツラい。ドラッグストアでケア用品を購入することでさえ、どこかハードルが高い。代理購入してもらうのも少し恥ずかしいし、グッズ販売の店頭はもっと工夫がほしい。

 それではサロンはどうだろうか。男子禁制っぽいネイルサロンに男一匹潜入するのは、引かれるしこっちも引く。だから女性とのペアが基本だろう。ペアの問題は女性が1時間、男性が30〜40分とケア時間にギャップがあることだ。客の回転を考えると難しいので、ヘアカット店での“トッピングメニュー”はどうだろうか。サービスの差別化になるし、単価アップしてよさそうだ。

 では男子専用のネイルサロンはどうか? これは微妙である。

今どきは男女の境目をあいまいにする“中性的な楽しみ”がウケている。オヤジギャルがオヤジの楽しみ領域を荒らす女性とすれば、“ギャルメン”は、女性の楽しみを我がモノにと思う男性で、これが増えているようだ。例えば男のスイーツ好き、メンズエステ、そしてメンズネイルケア。

 ギャルメン市場の拡張、それはオンナの楽しみを奪取したい男の“女性市場への領空侵犯”である。男と女の境目をぼかしながらも、“オンナのすなるもの、オトコもしてみむ”という逸脱心理に価値があるのだ。


男だらけのネイルサロンはきっとウケない。男だらけだと、いずれは“ぢっと手を見る”寂しい男のロマンになってしまいそうだから。

posted by のりひーろー at 10:24| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年10月16日

人生の岐路に立った時

人生の岐路…

これは生きていくうえで何度も立たされますよね。


その時の選択に迫られた時どんな決断をするか…?


人それぞれ時期も決断するタイミングも方法も違う。

今この瞬間も人生の大きな選択に迫られてる方も大勢いらっしゃると思います。



人生の大きな岐路に立たされた時にどっちを選択するか…



『それは誰も行かない険しい道を選ぶ』


人生の岐路に立たされた時、どんな決断をするのか…


その決断が人生を変える決断になるのです。



人生は選択の連続!


やるか?やらないか?その時は?



やる!!!


何事も可能思考で挑んでいきましょう。
posted by のりひーろー at 10:28| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。